ドローン診断|外壁塗装のことなら千葉県佐倉市株式会社ヨシオカへご依頼ください。

佐倉市・四街道市の外壁塗装ならヨシオカにお任せください
大切なものをいつまでも!!プロの診断・提案・施工がお客様と建物を永く大切に守る!!
大切なものをいつまでも!!プロの診断・提案・施工がお客様と建物を永く大切に守る!!
満足度95.3%以上、資格保有者多数在籍!
満足度95.3%以上、資格保有者多数在籍!

ドローン診断

屋根などの高所をドローンで調査する

従来、屋根などの高所を調べる際は必ずハシゴを用いて調査を行ってきましたが、最近ではドローンで屋根を点検する業者が増えてきました。
「ハシゴを使うのとドローンを使うのではどちらがいいのか」
「そもそもきちんと点検ができるのか」
このページを見ている方は、こういったことが気になっているのではないでしょうか。
屋根点検にドローンを使うことでどういったメリット、デメリットがあるのか、ご紹介をします。

ドローンを使って屋根点検をするメリット

①安全に高所の確認ができる
②ハシゴが使えない場所も点検が出来る
③屋根材を誤って壊してしまうおそれがない
④お客様と業者が一緒に確認を行える

安全に高所が確認ができる

屋根などの高所の点検は慎重に行わないと大けがの元となってしまいます。一階の屋根(下屋根)であっても危険であることには変わりません。屋根の点検の際には安全に十分に配慮はしますが、事故を確実に防ぐことは難しいことです。しかし、ドローンを使って点検を行うことで、作業員の万が一の事故を防ぐことができます

ハシゴが使えない場所も点検ができる

ハシゴをかけるのに多少の勾配が必要であったり、そもそもハシゴをかけられない地形などがあります。そうした場所でもドローンは場所を選ばないので、上空から屋根の点検を行えます。また、屋根の勾配が急だったりできちんと昇れず点検を行えなかった場所もドローンを使って行えるようになります。

屋根材を誤って壊してしまうおそれがない

屋根は建物の構造上、紫外線や風、雨などが一番当たる場所になります。そのため、一番劣化が目立ってしまう場所になります。屋根の点検の際は状況を隅々まで歩いて確認をしますので、その際に経年劣化した屋根材を踏んでしまって割ってしまうこともありますし、瓦を誤って落としてしまうこともあります。点検の際は細心の注意を払って行いますが、それでも事故は起こってしまいます。そこでーンを使って点検することで、そうした破損は起こらなくなります

お客様と業者が一緒に確認を行える

家を点検する際、家主の方がご自分でも確認されたいと仰る方がいらっしゃいます。ですが、屋根に上るのは危険なことなので弊社ではお断りをしております。しかし、ドローンの空撮はモニターを使って操縦を行いますので、地上で一緒に確認ができます。また、業者と一緒に確認が行えるので、状況を説明しながら提案を受けられるので、よりイメージが浮かびやすくなります。

ドローンを使って屋根点検をするデメリット

①補修作業などが行えない
②飛ばす時に音が出る
③飛行できない場所がある

補修作業などが行えない

点検の際に簡単な補修を行うことがあります。棟板金の釘が浮いていたり、雨樋の詰まりを取り除いたりなどをしますが、ドローンではそういったことが行えません。なので、点検後にハシゴを掛けて補修などをするので手間が掛かってしまうことがあります。

飛ばすときに音が出る

ドローンは飛ばす時に音が出てしまいます。これは飛ばすためのエンジンの音なのですが、密集した住宅街だと気になる方もいるかもしれません。

飛行できない場所がある

ドローンの飛行には航空法などの関連で事前に行政などに申請を行います。こういった申請を行わないとドローンは飛ばせません。また、ドローンの飛行自体がそもそも禁止されている場所もあるので、ドローンを飛行させるには事前の調査は必ず必要なこととなります。

ドローンを使った屋根の点検

屋根の点検をドローンですることで様々なメリット、デメリットがあります。安全面などを配慮すると、地上からドローンを使って屋根点検を行うことで安全な点検が実施できます。また、上空ですので屋根全体の写真が撮影可能となります。
弊社でも建物の調査を行う際に、ドローンを使った屋根点検を実施することがあります。写真が撮れるので、そちらをお渡ししております。ご相談いただいた方からも見ながら確認ができるので、好評をいただいております。
屋根は建物を守る大事な場所になります。また、上るのは危険なので、必ず業者へ相談をしてください。
もしも気になることがありましたら、お気軽にご相談をください。
満足度95.3%以上、資格保有者多数在籍!

LINEでカンタン!見積依頼

1友だち追加
2内容送信
3あとは返信を待つだけ◎

ページの先頭へ