台風被害|外壁塗装のことなら千葉県佐倉市株式会社ヨシオカへご依頼ください。

佐倉市・四街道市の外壁塗装ならヨシオカにお任せください
大切なものをいつまでも!!プロの診断・提案・施工がお客様と建物を永く大切に守る!!
大切なものをいつまでも!!プロの診断・提案・施工がお客様と建物を永く大切に守る!!
満足度95.3%以上、資格保有者多数在籍!
満足度95.3%以上、資格保有者多数在籍!

台風被害

台風による建物の損壊

風による建物の被害は建物の耐久性を著しく下げる要因になります。
2019年の関東圏を襲った台風は多くの被害をもたらしました。弊社にも多くのご相談が寄せられ、被害の大きさを目の当たりにしました。
外壁、屋根、雨樋など様々な箇所の破損があり、修復をお手伝いさせていただきました。
ここでは台風による被害についてお伝えしていきます

台風で発生する建物の被害について

外壁への被害

強風で飛ばされた飛来物(石や枝、さまざまな物など)により外壁が凹んでしまったり、傷ついたり、割れてしまうこともある。また、強風により外壁が剥がれてしまったり、落下したりすることもあります。このような外壁へのダメージは外壁の内部にある建材をも深刻なダメージを与えかねないです。

屋根への被害

強風により屋根の瓦などが飛んでしまうことが多く見られました。瓦は普通の風には耐えられますが、台風ほどの強風ですと、飛んでしまうことがあります。また、屋根の頭頂部に設置される棟板金が剥がれてしまうこともあります。こうした瓦や棟板金などの破損は雨などが直接当たる屋根部分について、内部の屋根材を保護しているので、放置してしまうことで雨漏りに繋がることが考えられます。さらに瓦が飛んでしまったり、落下により窓や外壁が破損することがありますが、撤去や応急処置も大事です。しかしながら屋根に上るのは危険なことなので、業者へご相談するようにしてください。

付帯部への被害

雨樋の故障
台風や強風が多い時期は、外壁、屋根以外でも付帯部の破損の相談も多く寄せられました。強風や大量の雨水により雨樋が壊されてしまうことがあります。雨樋は屋根からの雨水を下へ樋を通して落とします。こうすることで雨水が外壁を伝わらないようにして、外壁の劣化を防ぐなどの役割を果たしています。雨樋については、別ページで紹介しておりますので、そちらも参考にしてください。
軒裏天井の破損
雨樋以外にも強風による窓ガラスや軒裏天井の破損、物がぶつかったことによる柵の破損が多く見受けられ、さらに屋上やベランダの排水や防水の破損も多く報告されました。

施工実績

外壁の補修

台風による外壁の被害は風によって飛んできた物がぶつかったり、サイディングが強風で外れてしまったり落下してしまうことが多くありました。また、雨漏りの被害も多くありました。補修方法としてはサイディングの張替や、シーリング補修などで対応します。詳しくは別ページにある『外壁補修』のページをご覧ください。

屋根の補修

屋根は建物を雨から守る役割があり、破損がある状態で放置をしてしまうと建物内部へ水がはいってしまうので、放置してしまうと葺き替え工事やカバー工法などの大規模な工事になるおそれがあります。屋根は建物の頂点であり、建物全体を守る大事な要の部分でもあります。屋根の補修、塗装などについて詳しくは別ページに記載してますので、そちらも参考にしてください。

雨樋の補修

雨樋は屋根や屋上、ベランダなどから下へ雨水などを流すためにあります。雨樋がないと、外壁や破風などに雨水が伝い、外壁へダメージを与えてしまったり、地面へ雨水が落ちた衝撃で泥などが跳ねて周辺を汚してしまうことがあります。また、雨樋の故障により排水がうまくいかないと屋上やベランダなどに水が溜まり、防水をダメにしてしまったり、雨漏りなどに繋がる可能性があります。雨樋については別ページで記載してますので、そちらも参考にしてください。

軒裏天井補修

満足度95.3%以上、資格保有者多数在籍!

LINEでカンタン!見積依頼

1友だち追加
2内容送信
3あとは返信を待つだけ◎

ページの先頭へ