屋根補修|外壁塗装のことなら千葉県佐倉市株式会社ヨシオカへご依頼ください。

佐倉市・四街道市の外壁塗装ならヨシオカにお任せください
大切なものをいつまでも!!プロの診断・提案・施工がお客様と建物を永く大切に守る!!
大切なものをいつまでも!!プロの診断・提案・施工がお客様と建物を永く大切に守る!!
満足度95.3%以上、資格保有者多数在籍!
満足度95.3%以上、資格保有者多数在籍!

屋根補修

屋根は建物の頂点部に位置し、雨や雪、風、紫外線などから建物全体を守っています。普段は気にしませんが、様々な形状や種類があり、機能も広く役立っています。

屋根の役割

そもそも屋根はどういった働きがあるのか。

雨などから建物をまもる

屋根の役割で一番初めに思い浮かべるのは雨が降っても雨が建物を雨水から守っていることが挙げられます。
日本は雨が降る気候が多く、梅雨や台風といった季節などに関する天候なども発生するので、建物には雨を対策する機能が必要で、屋根もその一つになります。
屋根があることによって、建物内部に雨が入らないことは当然ですが、同時に建材に雨がしみ込むのを防いでくれます。
例えば柱に雨が当たり続けると、カビが発生したり、腐食して、建物を支える機能を失います。さらに腐った木を求めてシロアリが繁殖して柱自体の交換をしなくてはいけない状態になることが考えられます。
部屋の中などで目に見える雨漏りも修復すべき箇所ではありますが、目に見えない建物内部への浸水は大規模な工事になることが考えられるのでもしも不具合が考えられた時は早めに業者へ相談することをおすすめします。

自然災害から守ってくれる

日本には四季があり、夏は暑く、冬は寒いので屋根で温度調整を行います。
屋根は日差しを直接受けて熱を帯びますし、外気に触れて温度の影響を常に受けている場所になります。そのため、断熱性を高めることで、建物内部へ外部からの影響を抑えることができます。夏は室温上昇を抑え、冬は暖かい状態を保つ手助けをしてくれます。
また、屋根の断熱性の効果で、屋根裏の結露を防いで、劣化の防止にも役立っております。
屋根の断熱性は断熱材を使うことや、屋根の工法を変えることで働き方も変わり、遮熱塗料という塗料を塗布することでも変わってきます。

施工実績

スレートの割れ補修

塗装を行うときなど、スレートにひびが入っていたり、欠けている場合、補修を行ってから塗装を行います。屋根は常時風に当たる場所になるので、不具合によりスレート瓦が飛んでしまい、下に浸水をして、劣化、雨漏りの原因になってしまいます。

棟板金の交換

棟板金とは、屋根の頂点に当たる部分の継ぎ目を外にむき出しにしないために被せる板金のことです。スレートや金属屋根などについており、スレートをおさえる「貫板」に被せることで浸水を防ぎます。棟板金は釘などで固定しますが、年数を重ねると釘が浮いてきます。原因としては棟板金の熱膨張により膨張と収縮を繰り返すことで起こり、放置をしてしまうと貫板の腐食に繋がったり、台風などの風により棟板金が捲り上がったりもします。
棟板金が外れることで貫委板がむき出しになって、貫板が外に出てきてしまうので、雨漏りの原因になります。さらに取れてしまったまま放置をすることで屋根材などを傷つける危険性があります。

瓦の交換

強風がふくことで瓦が飛んでしまうことがあります。台風や地震の影響で瓦がずれてしまうことがあり、瓦の下の屋根材がそのまま出てしまうので、屋根材の劣化に繋がります。

カバー工法

カバー工法とは、今の屋根の上に軽い屋根を重ねて張る工事の方法です。既存の屋根の上に防水シートを施工し、その上に軽い金属の屋根を設置します。屋根をすべて交換となると時間や処分の手間、費用などが大きくなってしまうので、上に重ねることで費用などを抑えることができます。

屋根の葺き替え

葺き替え工事とは、屋根全体を交換する工事です。工事の目安は1~2週間ほどとなっており、屋根全体の交換になるので、すべての屋根に対応しており、新しい屋根になるので耐久性も上がります。施工はすべての屋根材を撤去し、屋根材を支える野地板から防水シート、新屋根材を設置、貫板と棟板金をつけていきます。

屋根の補修について

屋根は建物全体を保護する機能を持っております。屋根の不具合により雨漏りなどが発生し、それが原因で建物全体の不具合へ繋がる危険性があります。また、建物の頭頂部なので屋根材が飛んでしまうことでほかの建物や人への危害も考えられます。もしも気になることがあれば、業者へ相談することをお勧めいたします。ヨシオカでも補修に関して承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。
満足度95.3%以上、資格保有者多数在籍!

LINEでカンタン!見積依頼

1友だち追加
2内容送信
3あとは返信を待つだけ◎

ページの先頭へ